不要なアプリの削除とブラウザの更新について

パソコンやスマートフォンやタブレットには、多彩なアプリが入っています。
ユーザー目線から確認出来るもの、出来ないものがありますが、基本的に追加と削除は自由です。

標準仕様のアプリがいまいちだと感じたら、それを消去しましょう。



消去する事で本体のデータ容量が削減でき、空きスペースが得られます。


またロースペックな携帯機の場合、大量のアプリをインストールが入っていますと、その分、処理スピードが遅くなります。
特にスマートフォンやタブレットはその傾向が強いです。

購入当時のようなサクサクした動きが近頃感じられない、という方はまず不要なものを消しましょう。自分ではあまり追加していないと、思っていても無意識に色々なアプリを導入してしまっているケースがあります。

また役割が重なっているものは、アプリ同士で比較検討し、利用頻度が少ないものは消しましょう。


ブラウザを5つ、6つもインストールするメリットは少ないです。
開発者であれば違いを確認する等のメリットがありますが、ライトユーザーであれば、メインのブラウザとサブのブラウザ、おおよそ2つ位あれば、十分になります。

そしてインストールしたブラウザは常に更新を確認しなければいけません。



ソフトウェア製品は、言わば常に未完成品です。



現バージョンに脆弱性やバグ、深刻な不具合が見つかる事も多く、そういった事例が起きた時は、企業側が修正のためのアップデートを配信しますので、時折更新がないか、ブラウザの設定から確認しましょう。